生駒市で介護職求人情報を探している方は、こちらの介護専門の無料サポートがおすすめ。希望の条件を伝えるだけで1週間以内に複数の求人案件を紹介してくれます。

▼転職無料相談はコチラ▼
%%%node_2_node_2_name%%%カイゴジョブ


このような悩みの方にも使えます

Arrayの%%%syoku%%%転職求人

  • 初めての転職で不安
  • 経験不足で不安
  • 給与アップの交渉が苦手
  • 生駒市で探している

給与の交渉、待遇の交渉も併せて行ってくれます。

介護職専門、無料の転職サポートをぜひ活用してみてくださいね。


転職について

大学を卒業される方が就活を開始するのは、遅くても大学3年生の後期から始めるべきです。まだ就職をしていないという人は、応募しようと思っている企業が求人を募集し始めたら早めに活動するのがいいです。

大手の企業に転職をした場合、収入が上がる事が多いですが、最も差が出るのはボーナスになってくるでしょう。中小企業だと少ないボーナスだったり、業績によっては出ないこともあります。もし、給料が40万円と同じでも、ボーナスゼロの場合は480万円というのが年収ですが、年に二回のボーナスがあれば、それだけ年収が違ってきます。今まで勤めた業種と違う異業種に転職する人もいますので、でも、その場合は覚悟しなくてはいけません。長く転職活動をしなければならない可能性があります。20代でしたら色々なことをすぐに吸収できますから、30代になってしまうと、やはり仕事の覚えが遅いので敬遠されるのです。

中小企業は色々な経営課題を抱えているため、中小企業診断士の資格を取得していれば、転職を行う際にも役に立つことは間違いないでしょう。中小企業診断士という名で呼ばれる資格は、中小企業の問題の診断や解決を行い、経営上のアドバイスをする専門家であって、経営コンサルタントと同等の役割仕事をしていない無職期間が長すぎると転職がしづらいので、転職までの期間を短くするように肝に銘じて行動してください。面接官が長い無職の期間が気になって問いただしてくることもありますので、明確に返答できるようにしておくことが大切でしょう。英語が堪能である方が就職活動でメリットになるかというと、有利な場合が多いと言えるでしょう。楽天のように社内の公用語が英語のみだという会社も存在しますから、英語に強いと、他の求職者に比べて選択肢が多くなり、有利だと言えます。取得しておくと良いでしょう。

35歳転職限界説はよく聞かれますよね。これは35歳を超えると転職することができなくなるというものです。いまだにこのような説が吹聴されていますが、実のところ、どうなのでしょうか?現時点では、現在はどの企業も生き残るために必死なので、スキルアップしたいためという理由が一番リスクが少なく、また、先方に悪い印象を持たれづらい理由です。スキルをアップしたいという理由であれば、支障がないだけでなく、今後、さらなるスキルアップを目指しているという積極的な印象を人事側に与えることが可能です。

▼こちらをクリック▼
生駒市で介護職求人

このページの先頭へ